ブログ

自社株の評価額

自社株の評価額会社経営者やその親族の方は、自社株に対して課税される相続税に高い関心があるのではないでしょうか。高い評価額だと…

自社株の承継 信託活用編

自社株の承継 信託活用編同族会社を経営されている社長さんの中で事業承継に悩まれてる方は多いのではないでしょうか。事業承継問題…

相続税と養子

ご存知の方も多いと思いますが、相続税の基礎控除額は3,000万円∔600万円×法定相続人の数です。相続人が妻、子2人の場合は3,00…

相続税が課税されない財産がある Part5

今回は庭内神しの敷地の話です。お墓、仏壇、神様を祀っているいるものなど日常礼拝をしている物については相続税を課税しないことになっ…

相続税が課税されない財産がある Part4

死亡退職金は自社株の評価に影響を与えます。なぜならば、死亡退職金は自社株の評価の際に債務として計上するからです。例えば、…

相続税が課税されない財産がある Part3

今回は相続税の非課税財産の話をさせていただきます。相続により取得した財産のうち一定の財産には相続税を課さないこととされていますが…

相続税が課税されない財産がある Part2

税理士の設樂です。最近、教育資金贈与信託が流行っています。信託銀行さんが大々的に広告を展開しています。お孫さんのために信託を活用…

分散した自社株はいくらで買い取るべきか

自社株を買い取って株主を集約する際のお話です。株主が複数人存在し、株主の集約を図りたい会社さんは多いのではないでしょうか。今後の…

マンションやアパートなどの賃貸物件に対する相続税

マンションやアパートなどの賃貸物件は相続税の計算上どのように取り扱われるのか、というお話です。相続税対策に頭を悩ませている方の中…

遺言書が出てきた!

遺言書に書いてある内容に必ず従わなければならないのかという話です。相続が発生しました。遺品を整理したら遺言書が出てきた、又は公正…

さらに記事を表示する

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP