ブログ

令和2年4月1日スタート「配偶者居住権」

令和2年4月1日以後の相続から、「配偶者居住権」という権利が認められるようになりました。「配偶者居住権」とは、亡くなったAさんの財産…

種類株式を活用した事業承継対策

株式の承継・金銭負担・税負担・権利分散を気にかけている中小企業の経営陣 親族外に事業承継をする場合は、種類株式を活用するのもひとつの…

相続について事前に話し合いしませんか。

平成27年に相続税法が改正されてから、相続税は一部の資産家に対する税金ではなく一般家庭にも関係がある税金に変わりました。持ち家と…

従業員持株会を活用して自社株の相続税対策

組合契約に基づいて設立された従業員持株会が会社の株式をオーナー経営者から取得することで相続税対策に効果を発揮します。従業員持株会とは…

自宅の土地を相続したら80%OFFの特例を受けられる人

今回の記事は、前回の記事、自宅の土地は相続税が80%OFF、を参照いただくとより分かりやすい内容となっております。一定の要件を満…

自宅の土地は相続税が80%OFF

相続税法の特例をご存知ですか?相続税法には各種特例が設けられています。そのうちのひとつが、亡くなった人が住んでいた自宅の土地は相…

1年間で相続税申告の該当者は100人中何人いるかご存知ですか?

1年間で相続税申告の該当者は100人中何人いるかご存知ですか?平成30年分の相続税の申告事績、という資料が国税庁から発表されています…

非上場株式の評価の改正Part3

前回、前々回に引き続き非上場株式の評価の平成29年改正について触れていきます。前回、前々回の記事を参照いただくとより理解が深まるので…

非上場株式の評価の改正Part2

前回に引き続き非上場株式の評価の平成29年改正について触れていきます。現在、ご自身の会社の株式を相続、遺贈、贈与により取得した場…

非上場株式の評価の改正Part1

少し前の話ですが、平成29年1月1日以後に相続、遺贈、贈与により取得した非上場株式の評価方法が改正されています。相続、遺贈の場合…

さらに記事を表示する

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP