相続税の申告

相続税の申告

相続税の申告

相続税の申告は知識、経験の差が如実に表れると言われています。法令通達と事実認定の複雑さが原因だと思われます。当事務所は日常的に相続税の案件に携わっています。安心してお任せください。

  • 1.ヒアリング

    被相続人の生前の状況、親族関係、被相続人の財産債務、遺産分割の方向性について、ヒアリングを行います。この段階で既に判明している論点についてはご説明します。例えば、地積規模の大きな宅地、区分地上権の目的となっている宅地、などの財産の評価額が減額される要素についてご説明します。

  • 2.資料回収

    お客様にご協力いただきながら相続税の申告に必要な資料の回収を行います。例えば、次に掲げるような資料です。
    ・遺言書
    ・遺産分割協議書
    ・戸籍謄本
    ・戸籍の附票の写し
    ・印鑑証明
    ・住民票
    ・固定資産税評価証明書
    ・登記事項証明書
    ・公図
    ・証券、株券
    ・預貯金等の残高証明書
    ・保険証券
    ・支払保険料計算書
    ・退職金の支払調書
    ・賃貸借契約書
    ・過去の確定申告書控え
    ・債務に係る請求書、領収書

  • 3.作成

    財産の評価を行い、相続税の申告書案を作成します。

  • 4.ご提案

    財産の評価額、相続税額、適用し得る相続税の特例、二次相続への影響、相続財産を譲渡した場合等の税負担をご説明し、申告の方向性を固めていきます。

  • 5.申告納税

    相続税の申告を行います。相続税額がある場合は、お客様に納税をしていただきます。
    ※相続税の特例を適用した結果、申告は必要だが相続税額が発生しないケースがあります。

  • 6.控えお渡し

    相続税の申告書の控えを作成し、最終結果の説明を行い、お客様にお渡しします。

  • 1.ヒアリング

    被相続人の生前の状況、親族関係、被相続人の財産債務、遺産分割の方向性について、ヒアリングを行います。この段階で既に判明している論点についてはご説明します。例えば、地積規模の大きな宅地、区分地上権の目的となっている宅地、などの財産の評価額が減額される要素についてご説明します。

  • 2.資料回収

    お客様にご協力いただきながら相続税の申告に必要な資料の回収を行います。例えば、次に掲げるような資料です。
    ・遺言書
    ・遺産分割協議書
    ・戸籍謄本
    ・戸籍の附票の写し
    ・印鑑証明
    ・住民票
    ・固定資産税評価証明書
    ・登記事項証明書
    ・公図
    ・証券、株券
    ・預貯金等の残高証明書
    ・保険証券
    ・支払保険料計算書
    ・退職金の支払調書
    ・賃貸借契約書
    ・過去の確定申告書控え
    ・債務に係る請求書、領収書

  • 3.作成

    財産の評価を行い、相続税の申告書案を作成します。

  • 4.ご提案

    財産の評価額、相続税額、適用し得る相続税の特例、二次相続への影響、相続財産を譲渡した場合等の税負担をご説明し、申告の方向性を固めていきます。

  • 5.申告納税

    相続税の申告を行います。相続税額がある場合は、お客様に納税をしていただきます。
    ※相続税の特例を適用した結果、申告は必要だが相続税額が発生しないケースがあります。

  • 6.控えお渡し

    相続税の申告書の控えを作成し、最終結果の説明を行い、お客様にお渡しします。

contact クラウド会計ソフトfreeeフリー

仙台の税理士 設樂のブログ

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。
PAGE TOP