記帳代行とは

記帳代行とは

記帳代行とは

会計データの作成をお客様に代わって当事務所が行います。

会計データをタイムリーに確認することはとても重要で、会計データを分析することによって最適な経営判断を下すことができます。会計による現状把握が早くなれば、タイムリーな経営判断が可能になり、経営状況改善の可能性が高まります。
逆に、会計による現状把握が遅れれば、売り逃しなどの機会損失につながったり、改善すべき問題を放置してしまい損害を発生させてしまったりという事象につながります。そのためにも、可能な限り早く会計データを作成する必要があります。

お客様自身で会計帳簿を作成することが困難な場合や経営資源を本業に集中させたい場合など、会計データを作成するにあたってなんらかの問題があるときは、当事務所がお客様に代わって会計データを作成します。
当事務所の記帳代行のプロセスは以下をご覧ください。

記帳代行の流れ

  • 1.お客様のビジネスモデルのヒアリング

    売上や利益を生み出している仕組み、取引先、締日、支払日、などをお聞きします。

  • 2.経営判断に役立つ数字の確認

    お打合せを通して、経営陣が経営判断をするために特に重要な数字は何かを明らかにします。

  • 3.会計ソフトの設定

    経営管理に役立つ会計データを提供するために会計ソフトの設定をカスタマイズします。

  • 4.会計資料のヒアリング

    日々の取引で発生する会計資料の確認をします。具体的には請求書、領収書、明細書などです。

  • 5.会計資料回収方法の確認

    最小の労力で最短で会計資料を共有する体制を構築します。具体的にはお客様の状況に合わせてクラウドサービスなどを使用します。

  • 6.会計データの作成

    当事務所で会計データを作成します。

  • 7.お客様と共有

    メール又はお打合せの日程に合わせて会計データをお客様にお渡しします。

記帳代行の流れ

  • 1.お客様のビジネスモデルのヒアリング

    売上や利益を生み出している仕組み、取引先、締日、支払日、などをお聞きします。

  • 2.経営判断に役立つ数字の確認

    お打合せを通して、経営陣が経営判断をするために特に重要な数字は何かを明らかにします。

  • 3.会計ソフトの設定

    経営管理に役立つ会計データを提供するために会計ソフトの設定をカスタマイズします。

  • 4.会計資料のヒアリング

    日々の取引で発生する会計資料の確認をします。具体的には請求書、領収書、明細書などです。

  • 5.会計資料回収方法の確認

    最小の労力で最短で会計資料を共有する体制を構築します。具体的にはお客様の状況に合わせてクラウドサービスなどを使用します。

  • 6.会計データの作成

    当事務所で会計データを作成します。

  • 7.お客様と共有

    メール又はお打合せの日程に合わせて会計データをお客様にお渡しします。



クラウド会計ソフトfreeeフリー

相続税情報専門サイト

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。
PAGE TOP