相続・事業承継対策

相続・事業承継対策

相続・事業承継対策

相続税に対してどのようなイメージをお持ちでしょうか。大多数の方は馴染みがないとお思いなのではないでしょうか。その一方で、相続税対策に日々頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

相続税の納税をされる方は相続全体の8%と言われています。このほかにも相続税の申告をした結果、納税額が0円になるというケースも多いです。大多数の方には関係がないけれども、該当すると頭を悩ませるのが相続税の特徴と言えそうです。

一方、税金のプロである税理士の中でも得意不得意がはっきり分かれるのが相続税です。相続税は一部の方だけに関係する税金ですので、すべての税理士が相続税を取り扱うわけではないためです。また、税理士になるルートが複数あるため、相続税を一度も勉強する機会がないまま税理士になられた方が多いこともその一因にあるのかもしれません。医者にそれぞれ専門があるように相続税についてはやはり相続税専門の税理士とお付き合いすることをお勧めします。私が相続税の仕事をさせていただいているのは習得した知識やノウハウを一人でも多くの方にお伝えし一生に何度もない相続税について納得のいく相続税対策や申告をしていただきたいという想いがあるからです。ぜひ、一人でも多くの方にお気軽にご相談いただき最適な対策をご提案したいと考えております。宜しくお願い致します。

  • 1.現状把握

    もしも今日、相続が発生したら相続税額はいくらになるのか。
    お客様の財産と債務の把握を行います。

    • 現預金はいくらあるのか
    • 名義預金、不動産、株式、信託等の有無
    • 生命保険契約の加入状況
    • 未収金、貸付金等の状況
    • 借入金残高
    • 未払金、預り金の状況

    把握した情報を基に相続税額の試算を行います。

  • 2.意向確認

    相続についてお客様のお考えをお聞きします。
    相続税対策を実施した結果、お客様の意に沿わない相続になってしまっては意味がないからです。

  • 3.対策提案

    相続についてお客様のお考えを考慮したうえで、対策のご提案を行います。

    生前贈与
    相続時精算課税制度
    贈与税の配偶者控除
    住宅取得等資金の贈与税の非課税
    教育資金の贈与税の非課税
    結婚・子育て資金の贈与税の非課税
    500万円×法定相続人の数の生命保険金の非課税
    生前贈与と生命保険の組み合わせ
    不動産を活用した相続税対策
    小規模宅地等の特例の要件充足
    養子縁組の活用
    お墓等の生前購入
    法人の活用

  • 4.スケジュール策定・実行フォロー

    実行が決まった対策のスケジュールを作成し、進捗管理を行います。
    事前に対策を打つことにより、場合によっては数千万円の額を節税することが可能です。

  • 1.現状把握

    もしも今日、相続が発生したら相続税額はいくらになるのか。
    お客様の財産と債務の把握を行います。

    現預金はいくらあるのか
    名義預金、不動産、株式、信託等の有無
    生命保険契約の加入状況
    未収金、貸付金等の状況
    借入金残高
    未払金、預り金の状況

    把握した情報を基に相続税額の試算を行います。

  • 2.意向確認

    相続についてお客様のお考えをお聞きします。
    相続税対策を実施した結果、お客様の意に沿わない相続になってしまっては意味がないからです。

  • 3.対策提案

    相続についてお客様のお考えを考慮したうえで、対策のご提案を行います。

    生前贈与
    相続時精算課税制度
    贈与税の配偶者控除
    住宅取得等資金の与税の非課税
    教育資金の贈与税の非課税
    結婚・子育て資金の贈与税の非課税
    500万円×法定相続人の数の生命保険金の非課税
    生前贈与と生命保険の組み合わせ
    不動産を活用した相続税対策
    小規模宅地等の特例の要件充足
    養子縁組の活用
    お墓等の生前購入
    法人の活用

  • 4.スケジュール策定・実行フォロー

    実行が決まった対策のスケジュールを作成し、進捗管理を行います。
    事前に対策を打つことにより、場合によっては数千万円の額を節税することが可能です。

contact クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。
PAGE TOP