ブログ

儲けるための会計

儲けるための会計

中小企業にとって会計は誰のためにあるのでしょうか。銀行のためでしょうか。それとも税務署のためでしょうか。
それもそうなのですが会計は会社のためにあります。
なぜならば、会計を使って会社の過去、現在、未来、を明らかにするからです。会計を使って意思決定をするからです。
会計を使わないで会社の業績を感じ取り、経営の意思決定を連続的に行っていくのは、勘に頼った経営と言えます。日本の経済規模が急速に拡大していればそれでも良いのかもしれません。
しかし、人口減少社会の現在においては、経済成長率が高くないので、会社の状態を分析し、合理的な経営をしたほうが良いでしょう。

中小企業の皆さまは、ぜひ、儲けるために会計を活用していきましょう!!

例えば、価格設定です。値決めは経営と言われています。
なぜ、その価格にしたのでしょうか。その結果、利益にどのような影響を与えたでしょうか。価格が3%上がったら利益にどのような影響が出るのでしょうか。
儲けるために会計を活用していきましょう。
中小企業にとって会計は会社のためにあります。
当事務所はそのための仕組み作りを支援しています!

関連記事

  1. 会計ソフトをカスタマイズして業績管理
  2. キャッシュフロー経営のすすめ
  3. 最小の労力で試算表を作成する仕組みを構築する
  4. 毎月の業績は早く知りましょう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP