ブログ

突然の相続!相続財産を把握するには

突然の相続!相続財産を把握するには

贈与はタイミングをコントロールできますが、相続はできません。突然やってくるのが相続です。
相続財産を把握するには一体どのような資料を集めたら良いのでしょうか。
以下の資料を集めれば概ね把握することができます。

  • 通帳
  • 領収書
  • 郵便物
  • 申告書
  • 名刺

通帳の取引履歴を過去数年間さかのぼって確認してみましょう。大まかなお金の流れが分かります。
保管している領収書は高額なものが多いかと思います。財産を把握するのに役立ちます。
銀行や証券会社、保険会社、役所から届く郵便物を確認すると、預金、株式、投資信託、保険契約、不動産、を確認することができます。
確定申告書の控えを確認すると収入の発生原因が把握できるので、相続財産を把握するのに役立ちます。
名刺を確認してみると、必要な情報を得るための連絡先を知ることができます。

突然の相続に直面した場合に、相続財産を把握するには、上記の資料を参考にしましょう。

関連記事

  1. 養子縁組の相続税への影響
  2. 身近になった相続税
  3. 自社株対策は必要!?
  4. 遺言書が出てきた!
  5. 養子縁組で相続税の税率が下がる仕組みとは
  6. 少数株主対策 されていますか?
  7. 相続税が還付される
  8. 相続税特有の理由で相続税が還付されるケースとは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP