ブログ

財産がどのくらいあると相続税が発生するの?

財産がどのくらいあると相続税が発生するの?

財産がいくらあると相続税がかかるのかというお話です。
最近、テレビや雑誌、新聞などで相続税の話題が取り上げられることが増えてきました。そういえば最近よく見るよね、と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

平成27年1月1日から相続税が増税されました。今まで相続税とは無縁だった方々も今後は相続税とお付き合いしていくことになります。このままだとうちは相続税が課税されるのだろうか?、と心配になりますよね。
次の金額を超えた場合は、相続税が発生します。

3,000万円+600万円×法定相続人の数

具体例を示します。
相続が発生しました。遺族は妻と子供2人。
この場合は、財産が4,800万円を超えると相続税が発生します。

3,000万円+600万円×3人(妻+子供2人)ですね。

特例を適用して、申告は必要だが相続税が0円で済む場合もあります。
一度、電卓をたたきながら、財産を棚卸することをお勧めします。

関連記事

  1. 相続について事前に話し合いしませんか。
  2. 非上場株式の評価の改正Part2
  3. 身近になった相続税
  4. 相続税が還付される
  5. 令和2年4月1日スタート「配偶者居住権」
  6. 贈与は本当に相続より損なのか
  7. 少数株主対策 されていますか? part2
  8. 1年間で相続税申告の該当者は100人中何人いるかご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP