ブログ

遺言書が出てきた!

遺言書に書いてある内容に必ず従わなければならないのかという話です。

相続が発生しました。遺品を整理したら遺言書が出てきた、又は公正証書の遺言書を貸金庫に預けていた、という話は割とよく聞く話ではないでしょうか。
ここでひとつの疑問があります。遺言書に書いてある内容に必ず従わなければならないのでしょうか?

実は従わなくても良いです。
被相続人(亡くなった方)が遺言で禁じた場合を除き、相続人間の協議で遺産の分割をすることができます。話し合いでまとまればそれはそれで良いということですね。

被相続人の想いを尊重することも大切ですね。

 

関連記事

  1. 相続税が還付される場合の具体例とは?
  2. 従業員持株会を活用して自社株の相続税対策
  3. 相続税が還付される
  4. 相続について事前に話し合いしませんか。
  5. 少数株主対策 されていますか? part2
  6. 少数株主対策 されていますか?
  7. 相続税特有の理由で相続税が還付されるケースとは
  8. 養子縁組の相続税への影響

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP