ブログ

自社株に気を付けろと言われても

利益と純資産に気を付けましょうというお話。

前回のブロクでは自社株に気を付けましょうというお話をしました。

気を付けろと言われても何に気を付ければいいの?

とお思いの方も多いでしょう。

冒頭でも触れましたが、一般的な中小企業の場合は、利益と純資産に気を付けましょう。

なぜか?自社株の評価は、配当、利益、純資産を基礎としています。

配当は出していないところが多いので割愛。

利益、純資産が高ければ高いほど株価が上がり、低ければ低いほど株価は下がります。

儲けるなってこと!?

いえいえ。そういうわけではありません。

適切な対策を打てばよいのです。

対策についてはまた別の機会があれば触れますね。

 

関連記事

  1. 自社株の集約を怠ると・・・。
  2. 自社株を侮るなかれ!
  3. 少数株主対策 されていますか?
  4. 相続税が課税されない財産がある Part4
  5. 自社株対策は必要!?
  6. 自社株の評価額
  7. 自社株の評価額を下げるPart1
  8. 自社株の承継 信託活用編

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP