ブログ

親の家を子がリフォームした場合

大人気テレビ番組でも良く見ますが…?

見出しの通り、親の家を子がリフォームして…という大人気テレビ番組がありましたが、その代金を払った場合は、税金はどうなるのでしょうか。単にリフォームしただけでは子から親の贈与ということになり金額によっては親に贈与税が課税されます。これは増築した部分は親の所有物として取り扱われるためです。
例えば次のような話があります。

実家をリフォームしてあげよう!というときはご注意を…

親が40年前に建てた生まれ育った実家。子が独立して親に恩返しをしようと実家のリフォームをすることになりました。それは当然、親御さんも喜んでくれたそうです。そこまでは良かったのですが、実家の名義が親のままなので思わぬ税負担を追うことになってしまいました。これではせっかくの恩返しが台無しになりかねません。
そこで次のような対策があります。

このような場合の対策は?

このような場合、築40年の実家を子が親から買い取って子名義に変更した後にリフォームを行います。築40年ですから売買金額が多額になる可能性は低いですので大きな問題にはなりません。これによって贈与税が課税されることなく実家のリフォームをすることができるのです。条件等もございますので、ご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

関連記事

  1. 非上場株式の評価の改正Part2
  2. 自宅の土地を相続したら80%OFFの特例を受けられる人
  3. 親の家を子供がリフォームした時の思わぬ落とし穴とは?
  4. 少数株主対策 されていますか? part2
  5. 非上場株式の評価の改正Part3
  6. マンションやアパートなどの賃貸物件に対する相続税
  7. 自宅の土地は相続税が80%OFF
  8. 1年間で相続税申告の該当者は100人中何人いるかご存知ですか?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP