ブログ

贈与は本当に相続より損なのか

「贈与は本当に相続より損なのか」というお話をよく耳にしますが、実は、贈与した方が相続より得な場合があります。
※税のみの視点で考えた場合です。

よく世間話などでこのような話を聞いたことは無いでしょうか。

「贈与税は税率が一番高い!110万円の基礎控除の範囲内で贈与するならまだ分かるけど、贈与税が発生するほど贈与をしてはいけない。」

はたして本当にそうでしょうか。実は、課税する基となる財産の金額が違うため、贈与の方が得なケースがあることも覚えておいて損はないかと思います。

例えば、課税される相続財産が1億円あった場合ですが、相続税が課された場合、5,000万円超1億円以下の部分(この場合は5,000万円ですね)は相続税率は30%です

次に、財産の一部1,000万円を親族に贈与した場合を見てみましょう。

この場合の贈与税は177万円なので実効税率は17.7%。この分は相続税率30%が課税されるはずだった財産1,000万円が課税されないで済みます。

ご覧頂いてお分かりの通り、本来30%だった税率が17%に下がったことがご理解頂けるかと思います。相続の場合は1億円に課税されるため税率が高くなりますが、今回の贈与の場合は1,000万円にだけ課税されるので実効税率を低く済ませることができます。

実は贈与した方が相続よりも得な場合もあるのです。思い当たる方は詳しく専門家にご相談してみてください。

関連記事

  1. 自社株対策は必要!?
  2. 親の家を子供がリフォームした時の思わぬ落とし穴とは?
  3. 突然の相続!相続財産を把握するには
  4. 身近になった相続税
  5. 相続税が還付される
  6. 自宅の土地を相続したら80%OFFの特例を受けられる人
  7. 非上場株式の評価の改正Part2
  8. 相続について事前に話し合いしませんか。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP