ブログ

自宅の土地を相続したら80%OFFの特例を受けられる人


今回の記事は、前回の記事、自宅の土地は相続税が80%OFF、を参照いただくとより分かりやすい内容となっております。

一定の要件を満たす人は被相続人が生前住んでいた土地を相続した場合、相続税の評価額が330㎡までは80%OFFになります。今回は、その要件をみていきましょう。

1.被相続人の配偶者 配偶者の場合は他の要件はありません。

2.被相続人と同居していた親族 相続開始の時から相続税の申告期限まで、引き続きその家屋に居住し、かつ、その宅地等を相続税の申告期限まで有している人
→言い換えると、亡くなった日の翌日から10か月経過する日まで、被相続人と同居していた家に継続して住んでいて、かつ、その敷地を所有している人、となります。

3.被相続人と同居していない親族
・被相続人に配偶者と同居相続人がいないこと
・相続開始前3年以内に日本にある自分、配偶者、3親等内親族、特殊関係会社の所有する家に住んだことがないこと(一定の家屋を除く)
・相続開始時に住んでいた家を過去に所有していたことがないこと
・被相続人が住んでいた家屋の敷地を相続税の申告期限まで所有していること

と要件は複雑です。特に3は複雑なので、80%OFFの特例を使う場合は専門家に相談して進めるようにしましょう。

 

 

関連記事

  1. マンションやアパートなどの賃貸物件に対する相続税
  2. 相続税が課税されない財産がある Part5
  3. 1年間で相続税申告の該当者は100人中何人いるかご存知ですか?
  4. 相続税が還付される場合の具体例とは?
  5. 節税目的の養子縁組
  6. 遺言書が出てきた!
  7. 贈与は本当に相続より損なのか
  8. 相続税と養子

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP