ブログ

相続税が課税されない財産がある Part4

死亡退職金は自社株の評価に影響を与えます。

なぜならば、死亡退職金は自社株の評価の際に債務として計上するからです。

例えば、純資産価額1億円の自社株があったとします。社長の死亡に対して5,000万円の退職金を支給することにしました。
すると、債務として5,000万円計上されるので純資産価額は5,000万円に下がります。なお、相続人が取得した退職手当金等は一定額までは相続税が課税されません。

また、法人税の世界の話ですが、十分な金額の退職金を税務上の経費とするためには、役員報酬をある程度の金額もらっておく必要があります。会社の財務を痛めるため事前に原資を手当しなければなりません。顧問税理士と十分な打ち合わせが必要です。

今回の話は、死亡退職金は自社株の評価に影響を与える、でした。

関連記事

  1. 相続税が課税されない財産がある Part3
  2. 自社株の評価額
  3. 相続税が課税されない財産がある Part5
  4. 自社株の承継 信託活用編
  5. 少数株主対策 されていますか? part2
  6. 自社株の評価額を下げるPart1
  7. 分散した自社株はいくらで買い取るべきか
  8. 自社株を侮るなかれ!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

contact

クラウド会計ソフトfreeeフリー

免責

本記事の内容は投稿時点での税法、会計基準、会社法その他の法令に基づき記載しています。また、読者が理解しやすいように厳密ではない解説をしている部分があります。本記事に基づく情報により実務を行う場合には、専門家に相談の上行うか、十分に内容を検討の上実行してください。本情報の利用により損害が発生することがあっても、当事務所は一切責任を負いかねます。

PAGE TOP